物語は君が主人公

地方の学生ジャニヲタ

シアターオーブ バックステージツアーに参加してきました。

どうもみなさん、お久しぶりです。昨年末から放置しておりましたのでほぼ半年ぶりの更新、、、。劇場、こんなこともやってるぜってのを知って欲しくて久しぶりに更新します。





 『渋谷ヒカリエ×東急シアターオーブ5周年記念 バックステージツアー 舞台の裏を見に行こう。』に参加してきました。












 なんだこれは!!!!!!!!!!!! 




 楽しい!!!!!!!!!!舞台ってすごい!って素直に思った。






まず、シアターオーブを超簡単に説明しますね。

渋谷駅と直結した渋谷ヒカリエF11〜16にある宙空に浮かぶ大劇場。最大1972席で3階席まであります。

ジャニーズでは2013年4月 草彅剛「二都物語」、2013年11月 森田剛「鉈切り丸」、2014年1月 北山宏光 高田翔「愛の唄をうたおう」、2014年6,7月 香取慎吾 真田祐馬 安井謙太郎 萩谷慧悟オーシャンズ11」があります。ブロードウェイの来日公演やコンサートもできる劇場で、過去には劇団☆新感線や宝塚も使っています。

シアターコクーンなどと同じBunkamura運営なのでチケットはMy Bunkamuraに無料登録すれば基本的にネット購入できます。







受付を済ましたら、まずシアターオーブの名前の由来や特徴についての説明がロビーで行われた。1日4回、40名ずつがこのツアーに参加している。計2日あるが倍率は5倍だったとのこと。



ヒカリエが建つ前の昔の劇場や映画館の話、60年前の話が出てきたりと、ご年配の方があー!あれね!と懐かしそうに聞いてらっしゃいました。 




 続いて、劇場の客席へ。センブロ17列から18列に参加者が座り、案内人がピンマイクを付けます。このピンマイクは実際に演者が着けているものだと説明あり。え、あっ、こんな形してるの?細いー。と、壊れやしないか心配になる作りでした。

そして、衣装を着るのと同じように、音響の方と演者が息を合わせてマイク取り付けていることにまず驚きました。長いコードがあったり、耳や頭の形のワイヤーを適当な形にするために音響さんは重要な役割を担っているのだと知りました。手のひらに乗るサイズの受信器を入れる袋は、音響さんの手づくりだそう。小さな黒布の袋に入れて紐を腰に括る。なるほどなーと思いました。テレビではパンツのポケットに入れてるのをよく見るからミュージカルもそうなのかな?と思ってたんだけど、ミュージカルの方がちっさいしポケットがある衣装を作るまででも無いんやなーと。 そのほかにも客席の作りや並び、凸凹壁のこと教えてくれました。 



 続いて、ステージに上がります…! 2,000席レベルの劇場のステージなんて一生に一度あるかないか!あったとしても大学の卒業式くらい!誰もいない会場を見渡して、3階席の最後列まで見えて感動。自分が入ったことある座席を見下ろしても、ピンスポ当たってなかったら全然見えるから観劇の際は身なり整えて行こう…と改めて思いました。皆さんが想像してる以上に見ようと思えば客席は見えます← 



 1畳くらいずつあるステージの床をいくつか外して、ステージ後方の奈落が見えるようになっていました。見下ろすと高い。普通に高い。ステージの床が変えられるのはこういう仕組みだったんですね。それこそ先月オーブで観た"雨に唄えば"の床は、水が溜まるスノコみたいな形の床でした。取り外してその演目用の床を設置してるって事なのかー。 

 私の憶測でしかないんですけど、帝劇はこういう取り外しできる床ではないと思う。床を変えるような演目は帝劇ではやっていないし、回り舞台がある帝劇で床を変えるのは不可能だと思うのだ。その装置を使えるステージがあるから出来る演目はその劇場でしか出来なくなるのは無理ないなと感じた。 





 次にリハ室や楽屋、奈落、天井を見学。 



 リハ室はメイキングやドキュメンタリーでよく見る白基調の一面鏡の広い部屋。主要なステージの広さとほぼ同じ広さとのこと。隣の部屋がランドリーで、たまに衣装を干したりする時もありますって言ってた(笑)



 楽屋はAから相当な部屋数あった。地元の田舎の小さな市民会館でダンス公演会したくらいしか楽屋入る機会無かったけど、ちゃーんと女優ライトもあってテンション上がった。どこ見渡しても鏡があるホテル一室みたいな感じ。40人で1番広い楽屋に入ったんだけど100人ほど入るらしい。すごい。 



 奈落。めちゃんこ広い。 奈落からセリでステージ上に戻るというダイナミックな劇場でしか出来ない演出でステージに戻ってきました。オーブに惚れそう。SHOCKでいうOPのcontinueのびばりんの登場の仕方です。 





 次はヘルメット被って天井だよ〜〜!! 舞台から24メートル上にあるスノコという面にも上がらせてもらった。舞台のパネルやライトを吊るすバトンと呼ばれるものの巻き上げ機がそこにはありました。照明が付いてる近くが35番?でバトン、めっちゃあります。それだけたくさんあるからブロードウェイと同じ位置に照明やパネルや幕を吊るすことが安易にでき、来日対応しやすいらしい。だから初日が早いんだって。 

バトンで「Show must go on」の文字が出てきたのでそのお話も。会場によってバトン同士の幅はまちまち。オーブは1メートルくらいで、ある程度離しているが劇場によっては数十センチのところも。バトン同士が遠ければ遠いほどあまり本数入れられないが、近ければ近いほど少しの距離でたくさん本数を入れられる代わり、パネルや幕の少しの揺れでぶつかる確率が高まり危険度が増す。劇場がそれぞれ何に重きをおくかによって変わるらしい。一昔前は公演中にバトンがほつれたら、何があってもショーは続けなければならないとバトンに飛び乗ってまでほつれを直す裏方もいたくらいと話されていた。オーブで考えるとステージから24メートルの高さで物干し竿みたいなバトンに飛び乗ることになる…なんて恐ろしい。。。今では安全を確保するということで、そのようなことは無くなったとは言っていたがShow must go on精神怖え。当時はそれが美学とされてたっぽいし、今でもSHOCKはその精神受け継いでるからとんでもないなと思う。 







 下手側にある階段を降りてステージに戻り、ラストの緞帳からカテコ体験!! 

拍手と歓声が聞こえ、大音量の音楽が鳴り始める。どこかで聴いたことある!と思ったら"天使にラブソングを〜シスターアクト〜"のブロードウェイ版の音楽だった!!! 

何も見えなくなるほど真っ暗になり、緞帳が上がる!事前に教えて頂いた三方礼を行い、客席に集まってくださったオーブ関係者の方々に手を振るという!!!


 うわ〜〜最高だ〜〜〜〜〜〜!!!出演者ってこんな感覚なんだ…。暗い中ピンスポ当ててもらい客席が見えないほどの光の強さと熱さを身をもって感じられ、鳥肌立ちました。





こんな体験が出来るのはオーブしか知りません。すでに好きな劇場上位に入っていたオーブですが、なおさら大好きになりました!!!

受付の時に貰った袋の中にヒカリエのお食事券も付いてて、やだ!オーブ、イケメン!!!!!GWの限定の混ぜそばを頂きました〜!美味しかった!

 私、オーブに惚れちゃってる!!!!!!! 



10月の来日版"天使にラブソングを"でまたお邪魔しますー!!!いつも楽しみだけど、よりワクワクしてる!!!!!! f:id:saihoumust:20170508214523j:plain

2016年を振り返る。

大切なものを滅茶苦茶にされた年始から、いろいろあって早、年末になっていた。
カーブ優勝するし、広島に住み始めて1年経ってないとは思えないくらい。ずっと師走かよって感じの時の流れ←。だからかこのブログも2回しか更新してない。これは言い訳ですごめんなさい

あー、SMAPのライブに行きたかったなあ。てか、行きてえな。実家を出るまで、幾度となく行きたいけど行けない現場のレポを見て見ぬふりをしたりしてなんとか過ごしていたのに…。SMAPを好きになった時にはもうMr.Sのツアーも終わっていたからなんとも言えないが正直、こんなに後悔するなんて思っていなかった。過去のレポを読み、過去のライブDVDを見ただけではどうにも消化できない後悔の念。それだけが残った。

それがあってだと思う、行きたい現場に出来るだけ出向くようにしたのは。馬鹿みたいにいろんな現場に足突っ込んでるけど、今はそれでいいんじゃない?って思ってる。今までは行くことが出来ない上の後悔で済んでたけど、自由な体と少ないながらも自由な金を手に入れた今は「行こうと思えば行ける上の後悔」になっているからだ。後者の方が自分の中でより深い後悔を背負う気がする。気がする、ではなく絶対。

同じ現場に何度も通うことはあまりせず(性格上あまり合わないみたいだ)出来るだけ多くの種類の舞台やライブに足を運んだ。初めて行く場所ばかりで気分が弾んだ。ジャニーズが誰も出ていない外部舞台にもキンキーブーツやエリザベート、宝塚の地方公演を見ることができた。舞台、エンターテイメントそのものに視野も興味も広がったのだと自分の成長を感じている。ジャニーズが出てナンボの思考でこれまで生きていたので、私にとっては大きな成長だ。
外部舞台を観ることで、ジャニヲタとして麻痺していたチケットの売りにくさを痛感した。特に地方公演での大規模な会場、バックなどで満席のステージばかりを経験してきた彼等にとってどう映ったのだろうか。

何年かぶりに特定のJr.を応援しようと思ったのも今年だ。これまでズルズルと亡霊のようにJr.を見ていたけど、追うようになった。夏のジャニーズJr.ほど、今を精一杯生き輝けるのは世界中探しても他はいないだろう。猪狩くんがデビューするその時まで応援し続けたい。そう思うようになったのだ。

あと、旅をするようになった。「金は無いけど時間があるなら、今のうちに旅に出ておけ」と大人は口々に言う。大人のいうことは聞きたくないけれど、こういうことだけは耳に入れて実行する。なんて自分勝手な都合のいい奴。激安旅行な分、体力的にはキツイけど楽しい。いろんな人に会える。まだ国内しかしていないけれど、地図を見ながらだと自分が動いているのが地図上と窓の風景の2方面から感じられて、普段とは違う感覚になれるがとても楽しい。旅や遠征を重ねていくごとに自然と持ち物も減っていくのも楽しい。要らないものと要るものの分別が出来てくるので尚動きやすくなり、また旅に出たいと思うのだ。来年は、そろそろ双眼鏡の忘れ物をゼロにしたい。早速忘れてしまったので。
同じルーティンをこなすだけでは絶対に出会わないような人と出会えるのも醍醐味の一つだ。旅という旅は数回しかしたことが無いが、ただ大学に通ってるだけでは出会わない人と出会える。その人の生き方をただ聞くだけでも、将来就くであろう対人関係が重要な職業で少しはプラスに働くと思っている。


19年の中で、1番自己の成長を自ら感じることのできた1年だった。アイデンティティの形成が上手いようにいってるかは定かでないが、これが自分なのだというのは昨日よりずっと今日の方がより強く感じることが出来るようになっているから、これはこれでいいのかもしれないと思っている。だって正解なんてないのだから。

いろんなこと経験したし、いろんな人に出会った。そして、それがとても楽しくてつらい。

 

はじめてKinKi魂に入った話。その1 We are KinKi Kids Live Tour 2016 ~TSUYOSHI & KOICHI~広島10/29、30

滅茶苦茶、お久しぶりです。はじめましてから半年間放置って我ながら酷い。受験生だったころの方が更新頻度高かったぞ・・・

 

こんな私ですが、先日初めてKinKi Kidsのライブに行ってきました。

 

f:id:saihoumust:20161106212458j:image

 

楽しすぎた上、思わぬおかわりも出来たので、これだけはテストが近くなる前に書き留めておきたいと思いバイトの休憩時間に打っています。

 

KinKi KidsのFCに入ったのもこのツアーに応募できるギリギリの時期で、おまけに全滅しグッズ参戦だけ、、あわよくば現地でチケットを譲ってもらえたら・・・なんて馬鹿なことを思ってグリーンアリーナに向かいました。そして、一人急な出張でどうしても来られなくなったので1枚余っているという方にお声掛けいただき無事に入ることが出来ました。

 

 

 

 

 

 

Kissからはじまるミステリーからはじまる今回のアリーナツアー、自分が初めて買ったKinKi KidsのライブDVDであるL魂で披露されていた「モチからはじまるミステリー」の印象がどうしても強くて、やべえ本家だしか思えなかった。KinKi Kidsってほんとに動くんだぜ。

いつかのしやがれで松本さんがイントロクイズで踊っていた、愛されるより愛したいの「マジで」のフリが出来て一人満足げだったのはそっとしておこう

乙魂でPボーンが出てきてたから何度もリピった情熱にも胸熱でした。

そしてそして、愛のかたまりーーーーーーー!!!!きたよ!!!本家の愛かた!!!いろんなシンメが歌い継いでいる愛のかたまり、どれも好きで大好きなんだけどやっぱ本家ってスゴイ。今になって作詞作曲あの二人なんだよな・・・ってしみじみ。。。何者にも代えがたい、あの二人が歌う愛のかたまりは。

 

Nアルバム収録のモノクロームドリーム。なんだこれは、かっこいい

続いてnaked mind。この流れ結構好きです。この曲は曲調からか、会場がリズム乗りまくってて箱のでかいライブハウスみたいな感じだった。KinKi Kidsの楽曲の振り幅すごい

 

 

 

MCに入るなり早速

光一「こんばんは、堂本です」

剛「おはようございます、堂本です」

堂本さん尊い。

 

 

 

光一「来るとこ間違えてませんか?」(カープ32年ぶりの日本一になるかならないかの日)

 そーです。友人達が球場行ったり家族でテレビにかじりついているこんな時にKinKi Kidsのライブで夢に浸っております。広島県民として邪道かもしれぬ笑

 

KinKi Kids面白い。いや、前々からそれには気づいているつもりでいたのだけどね。ジャニーズを知りはじめた小6から唯一聞き続けてるラジオもKinKi Kidsのどんなもんヤだけだし。その頃の印象も”面白いおっさんたち”で大して今と変わりないし。光一さんいつまでもきみまろだし(そこ)

KinKi Kidsは歌番組で見るくらいだという茶の間の方々にお伝えしたいのは、KinKi Kidsのラジオはう○こネタの宝庫だということ。う○こかおっぱいネタで番組もたせることもこの二人は得意なので(面白いから是非聴いて)。今回の握りっ屁もそうだけど←

 

 

 

 

 

じゃ、29日のMCについてちょろっと書こうと思います

 

 

ハロウィンが近いと言うことで仮装している人を探そうとしたが手が上がるのが本当にちらほら笑

光一「なに、みんなおばさんのコスプレしてんの?」

 

 

客席をよく見たいからとピンスポ落としてもらって客席を見渡す二人。

光一「おおー!w結構、歳いってますねー!」

剛「お前もな、って言っていいんですよ」

光一「結構いってんなー!」

ヲタ  \お前もなー!!!!!/

 

 

 

昨晩の光一さんが食べたのりの佃煮のビンがドリンクと一緒に出てきたところから昨日の夜ご飯の話に。

和食のコース料理を食べに行き、大将が「目つぶって」(←えろい)と一覧には無い握り飯をサプライズで出してくれた話をする光一さん。

なにが出てきたと思う?と剛さんに問うと「握りっ屁!」という答えが

光一「近からず遠からずでリアクションに困る(笑)」

ヲタ  \えーー!!?/ 

光一「混ぜご飯の握りにキャビアが乗ってるの!くそ旨かった!!!!」

 

 

 

ツアートラックに群がって写真撮っているのを見ていた光一さん。ちょっとご不満なようで笑

Sexy ZoneとかHey! Say! JUMPのファンはこんなポーズしてる(はず)!と実演。

ちなみに、頬に手を当てた虫歯ポーズと、両手を上に挙げたポーズを披露。堂本光一にセルカ棒という概念は無い。

KinKiのファンは~~と、エアのバッグを片手に何ともいえない表情で一点を見つめるこぉちゃんが抜かれ

剛「紅葉狩りやん」

 

 

 

 

 名字を調べたとき

1万人がいる会場で「堂本さん」がステージ上の二人しかいないこの運命とも奇跡ともいえるftrが尊かった。

満足げに嬉しそうに「堂本、俺たちだけ!」って言ってた光一さん可愛すぎるから。

 

 

 

 

 

 

とりあえず今回の更新は29日のMCまで!30日のMCとそのあとも近いうちに書くと思います!(頑張る!)

  

フワフワしてると思うから改めて自己紹介するよ

初めましての方もそうでない方も、こんにちは、しおです。

大学生になったんだし自分のパソコンも持てたことだし一新してみようと思い、お世話になったはてなブログさんでまた新しいブログを始めました。

 

 

 

 

簡単に自己紹介したいと思います。

 

広島の大学1年 看護学生です。

愛媛の田舎から出てきたピヨピヨの一人暮らし

晴れときどきファームを見始めて早速家庭菜園を始めました。

 

小学校高学年の時にザ・クイズショウ櫻井翔さんはじめ嵐にドハマりし、嵐→Jr.→関ジャニ∞Sexy Zone→SMAPetc諸々他ユニのおいしいところもかじりながら生きてます。

 

今は、稲垣吾郎さん長野博さん堂本光一さん村上信五さん中島健人さんを中心に応援していて、

ゆる~く光GENJIも後追いで漁っています。

おじさんからショタまで、守備範が広いのだけが自慢です。

夫婦はじめ全シンメが好きです。 

 

 

 

自由な時間、自由な金、遊べるときに遊んどけ!大学生活Let' enjoy!☆☆ってちょっと前まで意気込んでたんですけど、医療系なんで課題とか何かと忙しい(空きコマほとんど無い)・・・

バイトもがっつりできるような雰囲気でもないのでこれからどうなるかとっても不安です。

 

でも幸いなことに?チケットを入手できればある程度の場所までは横4列のヤコバで向かい、簡易宿泊所に泊まる、そんな頑丈な?体の持ち主です。9割方チケ代より交通費の方が高くつく地方民の嘆きのブログだと思ってもらえればと思います。

 

 

 

 

 

 

レポはもちろんのこと、地方民の気になる宿泊のことについても記事を書こうと思っているので、あまりお金をかけられないという遠征の参考に少しでもお役に立てれば嬉しいです。